NIKON、最新マイクロレンズ105mm、50mmの2本を徹底比較

2021/6/5更新

NIKKOR Z MC 105mm vs NIKKOR Z MC 50mmを比較

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S

NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

2021年6月4日に、NIKON Zマウントの新しい105mmマイクロレンズ「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」と「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」の購入予約が開始された。発売日の6月25日が待ち遠しい。

本ページでは、最新の上記マイクロレンズ2本の比較を行う。

マイクロレンズを欲しいと思っている方、105mmと50mmのどちらを購入するか迷っている方の参考になれば幸いである。

NIKKOR Z MC 105mm vs NIKKOR Z MC 50mmのスペックを比較

まずは、両者のスペックを公式ページから抜粋して比較してみよう。

NIKKOR Z MC 105mm NIKKOR Z MC 50mm
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
ニコン公式ページ
NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
ニコン公式ページ
MTF曲線
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S MTF曲線 NIKKOR Z MC 50mm f/2.8MTF曲線
発売日
2021年6月25日
2021年6月25日
寸法
約85mm(最大径)× 140mm 約74.5mm(最大径)× 66mm
質量
約630g 約260g
形式
ニコン Zマウント ニコン Zマウント
焦点距離
105mm 50mm
最大口径比
1:2.8 1:2.8
画角
23° 10′(撮像範囲FX)
15° 20′(撮像範囲DX)
47°(撮像範囲FX)
31° 30′(撮像範囲DX)
レンズ構成
11群16枚(EDレンズ3枚、非球面レンズ1枚、ナノクリスタルコートあり、アルネオコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり) 7群10枚(EDレンズ1枚、非球面レンズ1枚、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
手ブレ補正効果
4.5段※CIPA規格準拠 手ブレ補正機能無し
ピント合わせ
マルチフォーカス方式、IF(インターナルフォーカス)方式 前群繰り出し方式
最短撮影距離(センサー面から被写体への距離)
撮像面から29cm 撮像面から16cm
ワーキングディスタンス(レンズ先端から被写体への距離)
13.4cm 約5cm(最短距離で撮影時のレンズ先端からの距離)
最大撮影倍率
1倍 1倍
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ)
62mm(P=0.75mm) 46mm(P=0.75mm)
実勢価格
116,820〜129,800円 76,230〜84,700円

筆者は、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sの発売日である2021年6月25日にレンズを入手予定であり、レンズが手元に届き次第、さらに詳細レビューを行う。

NIKKOR Z MC 105mmには、レンズ内手ブレ補正機能が付いている

スペックな大きな違いの一つにレンズ内手ブレ補正機能の有り/無しがある。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sは、50mmレンズと比較すると焦点距離が長い分手ブレしやすいので手ブレ補正機能が役に立つだろう。

なお、MC Z 50mmを使う際もNikon Z6ii、Z7iiなどのボディー内手ブレ補正機能付きカメラを使うことにより、手ブレ補正を行うことができる。

NIKKOR Z MC 105mm vs 50mm、ピント合わせ方式の違いについて

Z MC 105mmはマルチフォーカス、IF(インターナルフォーカス)方式となっている。

ここで、マルチフォーカスとは、レンズ内の複数の群を別々に動かすことにより、至近距離撮影から遠方撮影までの収差を少なくでき、撮影距離を問わず、画像の最周辺部まで、絞り開放から高い結像性能が得られるという方式である。

また、IF(インターナルフォーカス)方式とは、レンズの前玉は動かず、レンズ内部のレンズ群を動かすことによりピント合わせを行う方式で、至近距離撮影から無限遠撮影までレンズの長さは変わらない。

NIKKOR Z MC 50mmは前群繰り出し方式が採用されており、近距離撮影時にレンズの前群(実際は、の外周部は動かず、レンズ先端の内側)が前に繰り出される。

前群繰り出し方式のメリットとして、レンズを使わない時(レンズのフォーカス位置を無限遠方にした時)に、レンズの全長を短くできるというメリットがある。

NIKKOR Z MC 105mm vs NIKKOR Z MC 50mmのギミック、機能を比較

次に、両者のギミック、機能を比較してみる。

NIKKOR Z MC 105mm NIKKOR Z MC 50mm
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
ニコン公式ページ
NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
ニコン公式ページ
ディスプレイ表示
有り 無し
レンズファンクションボタン
有り 無し
コントロールリング
有り 無し
アクセサリー用アタッチメント
無し 有り

NIKKOR Z MC 105mm は、S-Lineレンズ特有のリッチなギミック満載である

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sは、S-Lineレンズだけあり、ディスプレイ表示、レンズファンクションボタン、コントロールリングというリッチなギミックが満載である。

NIKKOR Z MC 105mm、レンズ上のディスプレイの機能について

NIKKOR Z MC 105mmは、レンズの上部にあるディスプレイ上に、絞り値、距離、被写界深度、撮影倍率を表示することができる(DISPLAYボタンを押すことにより、表示をON/OFFできる)。

NIKKOR Z MC 105mm、レンズファンクションボタンの機能設定について

レンズファンクションボタンには、カメラボディー上の設定により様々な機能を割り当てることができる。Nikon Z6iiでは、カメラボディーのカスタムメニューにより、レンズファンクションボタンに次の機能を割り当てることができる。

機能
AF-ON
AF-L
AE-L(ホールド)
AE-L(レリーズでリセット)
AE-L
AE-L/AF-L
FV-L
スピードライト発光禁止/許可切換
マルチパターン測光簡易設定
中央部重点測光簡易設定
スポット測光簡易設定
ハイライト重点測光簡易設定
BKT自動連写
連動レリーズ切り換え
プラスRAW記録
ターゲット追尾
格子線表示
拡大画面と切り換え
マイメニュー
マイメニューの項目のトップ項目へジャンプ
再生
設定しない

筆者は、レンズファンクションボタンに「拡大画面と切り換え」を設定しており、撮影時にレンズ上のレンズファンクションボタンを押すことにより、AFポイント位置を100%拡大表示させる設定にしている(拡大率は100% or 200%をカスタムメニュー設定時に選択できる)。

NIKKOR Z MC 105mm、コントロールリングの機能設定について

コントロールリングの機能は、カメラボディーのカスタムメニュー設定で設定することができる。Nikon Z6iiでは、カメラボディーのカスタムメニューにより、コントロールリングに次の機能を割り当てることができる。

機能
パワー絞り
露出補正
ISO感度
設定しない

筆者は、コントロールリングに「ISO感度」を割り当てており、マニュアル撮影時に光量が変化した際に、コントロールリングを回すことによりISO感度を変更させて(シャッター速度、絞り値は固定のまま)撮影するために活用している。

ニコンのカメラボディーは、「ISOボタン」を押しながらメインダイヤルを回すことにより簡単にISO感度設定変更できるが、コントロールリングにISO感度変更を割り当てることにより、左手でISO感度を変更でき、またミラーレスカメラなのでファインダー内で実際の明るさを確認しながらISO感度を調整できるので、室内撮影時など、明るさが変化しやすい場面で撮影する際にコントロールリングが役立っている。

NIKKOR Z MC 50mmには、フード取り付けアタッチメントの他のアクセサリー用アタッチメントが付いている

NIKKOR Z MC 50mmは、フード取り付け用に直径46mmのアタッチメントが付いており、ピント合わせを行う際にレンズ前群が繰り出す際にはそのアタッチメント部分も前に繰り出してくる。

そのアタッチメントのさらに外枠部分、レンズの外周部分の先端内側にはももう一つ、アクセサリー取り付け用のアタッチメントが付いている。


44:25位置くらいに、フードアタッチメントの取り外し、取り付け、およびアクセサリー取り付け用のアタッチメント説明シーンあり。


1:11:00くらいから、アクセサリー取り付け用の説明シーンあり。


1:20:10くらいから、レンズにライティングアクセサリーを取り付ける説明シーンあり。

このアタッチメントを使うことにより、フィルムやスライドを複写するためのアクセサリーや、リングライトなどをレンズの先端位置(フード取り付けの外側)に取り付けることができる。

レンズの稼働部分ではなく、レンズの外周部にアクセサリーを取り付けるので、レンズへの負担も少なくできるというメリットがある。

関連記事: NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR SのYouTube動画一覧

NIKKOR Z MC 105mm vs NIKKOR Z MC 50mm、焦点距離の違いによるレンズの使い方

レンズの焦点距離の違いによる、レンズの使用目的、使い方の違いについてわかりやすく説明する。

NIKKOR Z MC 105mm vs NIKKOR Z MC 50mm、ワーキングディスタンス、最短撮影距離の違い

NIKKOR Z MC 105mm NIKKOR Z MC 50mm
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
ニコン公式ページ
NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
ニコン公式ページ
最短撮影距離(センサー面から被写体への距離)
センサー面から29cm センサー面から16cm
ワーキングディスタンス(レンズ先端から被写体への距離)
13.4cm 約5cm(最短距離で撮影時のレンズ先端からの距離)

NIKKOR Z MC 105mm vs NIKKOR Z MC 50mmを比較すると、等倍撮影時(最短撮影距離で撮影時)に最短撮影距離(カメラのセンサー面から被写体までの距離)は29cmと16cmの違いがある。

また、ワーキングディスタンス(レンズの先端から被写体までの距離)は、それぞれ13.4cm、5cmと2倍以上の違いがある。

105mmレンズのワーキングディスタンスが生かせる被写体とは

NIKKOR Z MC 105mmなら、昆虫を撮影する際もワーキングディスタンスを長くとれるので昆虫に近づきすぎて逃げられる心配も少なくなる。

また、NIKKOR Z MC 105mmなら、最短撮影距離が29cmもあるので、ちょっと高い位置にある桜の花も撮影しやすいだろう。

テーブルフォトを撮影するには、NIKKOR Z MC 50mmがおすすめ

食事中にテーブルの上の食事を撮影するなど、テーブルフォトを撮影するには被写体までの距離を近くできる50mmマイクロレンズがおすすめだ。

50mmレンズなら、椅子にすわったままでテーブル上の食事全景を撮影できるが、105mmレンズは中望遠レンズのためテーブル上全景を撮影しようとすると椅子から立ち上がって少し遠くからするする必要がある。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、最安値比較

2021年6月5日、午前11時現在、Amazonに発送予定在庫数量あり。アマゾンは、時々価格が変化するが、発売前に購入した場合、本商品に関して、価格保証が付いており、途中で販売価格が下がると購入価格も自動的に下がるというメリットがある。また、アマゾンで購入すると、有料で3年保証や落下保証を付けることができる。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
NIKKOR Z MC 105mm用、高性能純正レンズ保護フィルターARCREST 62mm【圧倒的におすすめ!】

2021年6月4日、午前10時現在の、各ショップの価格は次の通りである。

ショップ 価格 備考
Amazon リンク先で確認 リンク先で確認
キタムラ 116,820円(税込) 5,841円で5年保証に加入可能。
Tポイント、531ポイント還元
マップカメラ 116,820円(税込) 無料で2年保証付き
ヨドバシ 129,880円(税込) 12,980ポイント(10%還元)
ビックカメラ 129,800円(税込) 12,980ポイント(10%還元)
※Amazonリンクは、アソシエイトリンクとなっています。

NIKKOR Z MC 50mm f/2.8、最安値比較

NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

Nikon レンズ レビュー、記事一覧

Nikon レンズレビュー TOP

■新着記事
NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR レビュー
NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S レビュー
NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 vs 70-200mm f/2.8を比較レビュー

■便利ズーム
NIKKOR Z 24-120mm f/4 S レビュー
NIKKOR Z 24-120mm f/4 S、開梱レビュー
NIKKOR Z 24-120mm f/4 S、仕様・スペック 徹底レビュー
NIKKOR Z 24-70mm vs 24-120mm vs 24-200mm を比較
NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR レビュー
運動会撮影に最適なレンズとは?NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRで最高の思い出を残そう
NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR レビュー

■大三元レンズ
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S レビュー
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S レビュー
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S レビュー

■ズームレンズ
NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S レビュー
NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 vs 70-200mm f/2.8を比較レビュー

■単焦点レンズ
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S レビュー
NIKKOR Z MC 50mm f/2.8 レビュー
NIKKOR Z 85mm f/1.2 S レビュー
NIKKOR Z 85mm f/1.2 S 外観レビュー
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S レビュー
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、開梱レビュー
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR SのYouTube動画一覧
NIKKOR Z MC 105mm vs NIKKOR Z MC 50mmを比較
NIKKOR Z MC 105mm vs AF-S MICRO-NIKKOR 105mmを比較
NIKKOR vs CANON 最新中望遠マイクロレンズ比較

■レンズ関連
NIKONキャシュバックキャンペーン2022 秋冬がお得すぎる件
NIKONキャシュバックキャンペーン 応募方法 完全マニュアル
ミラーレスカメラにピッタリ!広角レンズの選び方
写真愛好家必見!大三元レンズの魅力とは?
オールドレンズの楽しみ方
稼げるレンズはこれだ
プロカメラマンを目指すならどのレンズを購入すればいい?
将来プロカメラマンになりたい高校生におすすめのレンズは?
単焦点レンズのメリット・デメリット

■今後追加予定の記事
目的別レンズの選び方
カメラメーカー純正レンズがおすすめの理由
Z TELECONVERTER TC-1.4x テレコンバーター レビュー
NIKKOR Z 20mm f/1.8 S レビュー
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR レビュー
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR レビュー
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED レビュー
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G レビュー
AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR レビュー
PC NIKKOR 19mm f/4E ED レビュー

新着記事

2024/3/28 NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR レビュー
2024/3/13 ファームウェア Ver5.00、進化し続けるNikon Z9
2024/2/7 Nikon Z8 ファームウェア アップデート方法
2024/1/2 2023年、買って良かった写真機材TOP10
2023/8/20 Nikon Z8 リコール発生!それでもNikonを信じ続ける理由。
2023/7/12 Z6ii、Z7iiの最新ファームウェア Ver. 1.60が公開された。
2023/6/13 Nikon Z9、ファームウェア Ver4.00、どこまで進化し続けるのか【更新】
2023/6/2 実録!Nikon Z8での長時間撮影、バッテリーの持ちを徹底検証 [UPDATE]
2023/5/26 Nikon Z8、開封、開梱、UNBOXING レビュー
2023/5/24 Nikon Z8活用ガイド(PDF版)(操作マニュアル)が公開されました
2023/5/15 プロが教える、Nikon Z8のカスタマイズ設定方法
2023/5/14 Nikon Z8 vs Z9を徹底比較! [UPDATE]
2023/5/14 Nikon Z8 vs D850 スペック比較
2023/5/13 Nikon Z8、連続撮影枚数、バッファフル枚数
2023/5/13 Nikon Z8 YouTube動画まとめ [UPDATE]
2023/5/12 Nikon Z8 購入・予約完了報告
2023/5/11 Nikon Z8をいち早く体験!先行体験会の全てをレポート
2023/5/11 Nikon MB-N12 パワーバッテリーパック レビュー
2023/5/10 Nikon Z8外観写真(高解像度写真あり)
2023/5/10 ニコン、値上がり一覧表、値上額、値上率のまとめ(2023/5/10)
2023/5/10 Nikon Z8の最新リーク写真を検証
2023/5/9 Nikon Z8、韓国の電波機器認証機関に登録されたことを確認
2023/5/9 Nikon Z8 vs SONY α7R V スペック比較
2023/5/7 Nikon Z8 vs Z7ii スペック 比較
2023/5/7 NIKKOR Z 85mm f/1.2 S レビュー [UPDATE]
2023/5/5 Nikon Z8 vs Z6ii スペック 比較
2023/5/4 プロが教える、Nikon Z6iiのおすすめカスタマイズ設定 [UPDATE]
2023/5/3 Nikon Z8 vs Z9 スペック比較
2023/5/3 サブカメラの必要性:サブ機の活用法やメリット
2023/5/3 サブカメラの選び方
2023/5/3 Nikon Z8 発売が待ち遠しい!Nikon Z8レビュー
2023/4/23 Nikon MC-N10リモートグリップを3ヶ月使ってみた!レビュー
2023/4/23 Nikon MC-N10、SmallRigアタッチメント 開梱レビュー
2023/4/22 職業カメラマンが車を持つメリット、デメリット
2023/4/21 NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S レビュー
2023/4/21 NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 vs 70-200mm f/2.8を比較レビュー
2023/1/5 NIKKOR Z 85mm f/1.2 S 外観レビュー
2023/1/3 NIKKOR Z 24-120mm f/4 S、仕様・スペック 徹底レビュー
2022/12/31 2022年、買って良かった写真機材TOP10
2022/11/10 NIKONキャシュバックキャンペーン 2022秋冬がお得すぎる件
2022/11/2 Nikon Z9、即納在庫あり速報 【2022/12/31 即納在庫あり】
2022/10/26 Nikon Z9、ファームウェア Ver3.00、進化が止まらない【更新】
2022/9/2 Nikon Z9、バッテリーの持ち
2022/9/1 Amazonで購入予約したNikon Z9がキャンセルされてしまった件
2022/7/6 Nikon Z9 ファームウェア アップデート2.10でさらに進化した
2022/6/29 Nikon Z30 YouTube 動画
2022/6/29 Nikon Z30 レビュー
2022/6/29 Nikon Z30 外観 レビュー
2022/6/14 電子シャッターのメリット、デメリット
2022/6/11 NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S レビュー 【作例あり】
2022/6/9 運動会撮影に最適なレンズとは?NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRで最高の思い出を残そう
2022/6/8 NIKONキャシュバックキャンペーン 応募方法 完全マニュアル
2022/5/24 NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR レビュー
2022/5/8 RRS CA-1 ケーブルアンカー レビュー
2022/5/6 Nikon Z9用 おすすめ Lブラケット比較(SmallRig、Kirk、RRS)
2022/5/4 Nikon Z9 用 RRS Lブラケット (L型プレート) レビュー
2022/4/23 Nikon Z9、Ver.2.0のバグ?連続撮影すると一部コマにレンズ歪曲収差が残ったままになる
2022/4/22 NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S レビュー
2022/4/20 Nikon Z9、ファームウェア Ver2.00の進化が凄い
2022/4/14 【更新】Nikon Z9、YouTubeレビュー動画 まとめ
2022/1/28 NIKKOR Z 24-120mm f/4 S、開梱レビュー
2022/1/28 24-70mm vs 24-120mm vs 24-200mm を比較
2022/1/28 【更新】Nikon Z9の納期、出荷状況の最新情報
2022/1/26 NIKKOR Z 24-120mm f/4 S レビュー
2022/1/25 【更新】Nikon Z9 ポジティブレビュー。ここが凄い、素晴らしい!
2022/1/23 プロが教える、Nikon Z9のおすすめカスタマイズ設定
2022/1/19 Nikon Z9 がっかり、ここが残念、ネガティブレビュー
2022/1/4 Nikon Z9の製造番号、シリアル番号情報
2021/12/14 Nikon Z9 液晶保護フィルムレビュー
2021/11/14 Nikon Z9 ファーストインプレッション
2021/11/2 Nikon Z9、購入・予約報告
2021/10/28 Nikon Z9、高解像度外観写真
2021/10/28 Nikon Z9、スペック
2021/10/27 Nikon Z9 最新情報
2021/10/27 Nikon Z9 ティザー動画第四弾、ブラックアウトフリー、ファインダー遅延ほとんど無し
2021/10/20 Nikon Z9 ティザー動画第三弾、AF追従がすごい、車AF、バイクAF機能あり
2021/10/13 Nikon Z9 ティザー動画第二弾、動画撮影30分の壁を越えた
2021/10/5 Nikon Z9 ティザーサイト、キターーーーー!
2021/8/19 EN-EL18d Nikon Z9バッテリー レビュー
2021/8/13 Nikon Z9のコードネームはN2014
2021/7/30 Nikon Z9の背面写真、背面液晶モニターはチルト式
2021/7/17更新 Nikon Zfc YouTube動画【続々と動画が追加されています】
2021/7/13 Nikon Z9への要望
2021/7/4 Nikon Zfc vs FUJIFILM X-T4を比較レビュー
2021/7/1 Nikon Zfc vs Z50を比較レビュー
2021/6/29 NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、開梱レビュー
2021/6/29 Nikon Zfc レビュー [NEW]
2021/6/12 Nikon Z6ii、7ヶ月使って分かったポジティブレビュー。ここが凄い、素晴らしい! (更新)
2021/6/12 Nikon Z6ii がっかり。7ヶ月使って分かったネガティブレビュー (更新)
2021/6/5 NIKKOR Z MC 105mm vs NIKKOR Z MC 50mmを比較
2021/6/4 NIKKOR Z MC 105mm vs AF-S MICRO-NIKKOR 105mmを比較
2021/6/4 NIKKOR vs CANON 最新中望遠マイクロレンズ比較
2021/6/3 NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR SのYouTube動画一覧
2021/6/2 NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S レビュー
2021/6/2 NIKKOR Z MC 50mm f/2.8 レビュー
2021/5/24 カメラを落としただけなのに
2021/5/20 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S レビュー
2021/5/5 Nikon Z9、サイズ予想、サイズ比較
2021/5/5 Nikon Z6iiのAF性能、長期使用レビュー
2021/4/30 Nikon D6 vs Z6iiを比較
2021/4/28 Nikon Z8の噂
2021/4/26 Nikon Z6ii、サルでも分かるファームウェアアップデート方法
2021/4/19 Niokn D6、ファームウェアアップデートを行う方法
2021/4/13 Nikon Z9 vs Canon EOS R3を比較
2021/4/6 Nikon Z9を購入する理由とは
2021/3/28 Nikon D6、Err表示の対処方法とは?
2021/3/22 ダブルスロットのメリット、デメリットを徹底検証
2021/3/14 Nikon Z9 vs D6を比較、大きさ比較
2021/3/11 縦位置グリップのメリット、デメリット
2021/3/10 Nikon Z9、スペック 予想
2021/3/10 NIKON Z9 妄想レビュー
2021/1/24 NIKKOR Z 50mm f/1.2 s レビュー

カメラマン募集 全国

スクールフォト カメラマン募集