Nikon Z6iiのセットアップ、初期設定を行う方法

2020/11/11更新

Nikon Z6iiのセットアップ、初期設定を行う

Nikon Z6iiと同時購入した商品
Nikon Z6iiと同時購入した商品一覧

Nikon Z6iiと同時購入した商品がこちらである。中央がNikon Z6iiボディ、左がFマウントレンズを使うためのマウントアダプターFTZ、右が縦位置グリップとしても使えるマルチパワーバッテリーパックのMB-N11、左下は予備のバッテリーCN-EL15cを2個、そして右下が液晶保護フィルムである。

Nikon Z6iiのセットアップの手順

背面液晶に保護フィルムを貼る

液晶画面が汚れや傷付きを防ぐために、Z6iiボディーを取り出して最初に液晶保護フィルムを貼った。

筆者は元々カメラへの液晶保護フィルムは貼らない主義であったが、今回Nikon Z6iiを購入するきっかけとなった、Nikon D850の背面液晶ひび割れ事故があったことから、今回は衝撃吸収や傷防止のために液晶保護フィルムを使うことにした。

今回購入した品は、ETSUMIのNikon Z6ii対応の高高度液晶保護フィルム ゼロプレミアムという商品である。液晶割れに対してどれくらいの保護性能があるかは不明であるが、もしもの時のために使っておこう。

Z6ii購入時に付いていた薄い液晶保護フィルムを剥がし、ブロアーで表面のほこりを吹き飛ばしつつ付属の不織布で表面を丁寧にクリーニングした。

購入した液晶保護フィルムの剥離シートを剥がして液晶画面の左側から、空気が入らないように丁寧に貼り付けた。今回の商品には上面の液晶画面用の保護フィルムも付属しておりそちらもはい付け完了。

Nikon Z6iiに付属のストラップを装着する

いつものニコン方式でカメラにストラップを装着する。付属のストラップは、D6やD850に付いているストラップよりも幅が少し狭い。これはボディーが軽い分肩にかかる重さも少なくなるのでストラップの幅を狭くしたのだろうか。

Nikon Z6iiにバッテリーを挿入する

あらかじめ充電を行ったEN-EL15cをボディに挿入した。バッテリーは縦位置グリップの箇所にい底面から入れる方式でNikon D850とよく似た手順である。

裏蓋にはパックマンのようなアイコンがある
Nikon Z6iiのバッテリー蓋にはパックマンのようなアイコンがある。

Nikon Z6iiバッテリー室
Nikon Z6iiの底の蓋を開いてバッテリーを挿入する。

裏蓋を開けた瞬間にバッテリーが飛び出さないように安全装置が付いている。上記写真で見えるバッテリーの向かって下側のオレンジ色のレバーを下にずらすことによりバッテリーを取り出しできる。

日付設定を行う

設定メニューから、日付設定を行った。地域設定はあらかじめ東京に設定されていたが、時刻がなぜか2020年1月22日となっていた。これは、最初に製造した日付が2020年1月1日でその日から22日が経過したということなのだろうか。製造したて、生まれて22日目のZ6iiということなのだろうか。

そういえば、Nikon D6と同様にGPS電波を受信して自動的に時刻合わせを行う方法が使えるだろうかとメニューを探してみたが、残念ながらGPS関連のメニューが見つからない。Z6iiにはGPS機能が付いていないのか。

関連記事: プロが教える、Nikon Z6iiのおすすめカスタマイズ設定

FTZを使ってFマウントレンズを装着

Nikon Z6iiにFTZを使ってAF-S Nikkor 58mm f/1.4Gを装着
Nikon Z6iiにFTZを使ってAF-S Nikkor 58mm f/1.4Gを装着

せっかくのZ6iiファーストショットを撮影するために、かっこいいレンズは無いだろうかと防湿庫の中を探してみた。今回は、Nikon AF-S Nikkor 58mm f/1.4Gを使ってみる。

ネット上の口コミで、FTZの底部分の出っ張りが気になる、邪魔だという意見を見たことがあるが、自分が58mmレンズと一緒に持った第一印象は「ちょうど良い、気持ち良い。」である。FTZの底部分の出っ張りがあるが、58mmレンズの直径が大きく、FTZの出っ張りとレンズの間がくびれている部分が「ちょうど良い、気持ち良い。」と感じる。

Nikon Z6ii、FTZを購入するまでは(ネット上で、この出っ張りが気になるとの口コミがあるなら)、なぜこの出っ張りを(出っ張りが必要なら)レンズの上側に持ってきたりしないんだろうと思っていた。

いつもは、D6+24-70mm+クリップオンストロボを付けた1台と、D850+70-200mmの2台体制で使っているのと比較すると、「小さい」「軽い」である。そもそも今回は、ニコンの単焦点レンズの中でも軽い部類に入るAF-S Nikkor 58mm f/1.4Gを使っていることもあり、そしてボディーの重さはNikon D6の約半分でもある。

Nikon Z6iiに単焦点レンズを付けてスナップ撮影に出かけるのも良いなと思った。

今、Nikon Z6iiを購入して初めてワクワク感を感じた瞬間である。

Z6iiを購入する時、そして、受け取った時、開封した時、マニュアルを見た時、メニュー設定を行う時、特にわくわく感は感じなかった。今回D850の液晶画面割れに伴い急遽Z6iiを購入したこと。そして、購入した翌日にはZ6iiを受け取ったこともあり、欲しい欲しいと思って購入したのでもなく、欲しくて欲しくてたまらないけど、発売まで、出荷まで日数があるわけでもなく、買おうと思ってポチった24時間以内にはすでにZ6iiを手にしていたこともあり、わくわく感を感じることはなかった。

それが今、レンズを装着して、手に持ったこの瞬間、「ん、なんかいいぞ!」と期待感が膨らんでいる。

実際にZ6iiとFTZを入手して手に持ってみると、この出っ張り部分は三脚座であることが分かった。それに、自分がZ6iiを手に持った感覚では、(全体としてNikon D6よりも軽いので)重さも気にならないし、底部分の出っ張りも気にならない。FTZの底部分は角丸に加工されているしボディーと同様のざらざら手触りなので触って違和感も無い。

強いて要望を上げるとすると、筆者は三脚を使う際は、Lプレートを使うことが多いのでFTZの下の三脚座は不要。だから三脚座を六角レンチなどを使って取り外しできればさらに使い勝手は良くなると思う。

FTZの時期バージョンFTZ2が発売される際には、底の出っ張り(三脚座)を取り外しできるようになったり、または、出っ張りが無いバージョンもで発売されたらありがたいなと少しだけ思った。

CFexpressカードを挿入

Nikon D6で使用しているCFexpressカード 512GをZ6iiに挿入。

ご存じの通り、Nikon Z6からZ6iiにリニューアルした際に、メモリーカードを2枚差しできるようになった。使えるメモリーカードは、「XQD or CFexpressカード」、「SD/SDHC/SDXCカード」の2枚差しである。同じタイプのカードの2枚差しは行えないが、2枚のメモリーカードを使えるようになったのは大きな進化である。

筆者は撮影業務でNikonのデジタル一眼レフを使い続けてきたが今までメモリーカードの不具合やカメラの不具合によりデータを失ったことは一度も無い。

しかしそれでも、業務で撮影する際は2枚のメモリーカードを挿入してバックアップ記録を行っている。

撮影終了後に1枚のカードからPCへデータ転送し、カードをカメラに戻すが、万が一ここでカードを戻し忘れてカードリーダーの中に入れっぱなしにしていてもカメラの中にはもう一枚のメモリーカードが入っているので次の撮影時にメモリーカードの入れ忘れミスを防ぐことができる。というメリットもある。

PCへ読み込んだデータは、セレクト作業(不要な写真の削除)を行う前にHDDへバックアップする。これにより、誤って必要な写真をセレクト削除してしまったとしても、HDDの中からバックアップをとりだしできる(なお、セレクト作業した直後であればPCのゴミ箱フォルダの中へ移動されるだけなので、PCのゴミ箱フォルダからの取り出しもできる)。

メモリーカードからPCへ全データコピーしたはずが、(Nikon純正)データ転送ソフトの不具合により、一部データがコピーされていなかったというトラブルが発生したことが1度だけある。その時はすでにメモリーカードのデータは削除済みで困ってしまったが、データ復活ソフトを使ってメモリーカードから削除済みデータを復活してなんとかデータ復活できた。

それ以降、メモリーカードからPCにデータコピーした際は、カメラの中の写真枚数と、PC上の写真枚数が同じであることを必ず確認するようにしている。

また、メモリーカードのフォーマットもできるだけ遅らせるようにしている。PC上の写真枚数を確認した後にすぐにメモリーカードをフォーマットするのではなく、セレクト、レタッチ作業を開始しして全体の写真が正しく表示されることを確認した上で、バックアップ記録した1枚のメモリーカードをフォーマットする。

翌日に撮影業務が入っていない場合は、もう1枚のメモリーカードに含まれる写真データは削除せずにそのままにしておき、撮影を行う前日の夜の準備作業中に最後の1枚のメモリーカードをフォーマットする。

万が一、最後のメモリーカードのフォーマットをし忘れた場合も、1枚のカードはフォーマット済みのため、撮影中にメモリーカードがフルになってしまった場合も、データ量が多い方の1枚をフォーマットするか、カメラ設定でバックアップ記録でなく順次記録設定することにより、メモリーカードフルを防ぐことができる。

上記の通り、ダブルスロットになることにより、カードトラブルやカメラトラブルによりデータ消失を防ぐだけでなく、人為的ミスによりデータ消失を防いだり、メモリーカードの入れ忘れなどのミスも防げるというメリットがある。

だから、今回のZ6iiでのダブルスロット化は本当にありがたいと思うし、Z6iiを購入する最後の背中の一押しにもなったと思う。

関連記事: ダブルスロットのメリット、デメリットを徹底検証

電源をON

ここで、「マウントアダプター FTZのファームウェアをバージョンアップしてください」と表示された。

使いたいと思ってもすぐに使えないのか、さらにわくわく感が増してきた。さて、どんな写真が撮れるんだろう。

ニコンのサイトへ行きFTZのファームウェアバイナリをダウンロードしてCFexpressカードにコピーした後、Z6ii本体の設定メニューから、ファームウェアのバージョンアップを行った。

ファーストショットはNikon D6を撮影

Nikon Z6ii、ファーストショット
ファーストショットでNikon D6を撮影した。クリックすると元データを表示。画質モードはJPG、BASIC。

Nikon Z6ii、セカンドショット
画像モードをRAW+FINE★に設定してセカンドショットを撮影。クリックすると元データを表示する。

なお、2020/11/11時点で、PhotoshopやLightroomなどのAdobe製品でまだ、Z6iiのRAWデータには対応していない。ライバル会社のCanonの新機種R5が発売された際は、カメラの発売から20日間ほどでAdobeがRAWデータに対応した。Adobeのサイトで確認してみると、一般的にカメラの発売から90日以内程度でRAW対応するとのことである。完璧に対応するために高い品質基準を保つために新しいカメラのRAWデータに対応するまでに時間がかかるとのことである。

Adobe LightroomがNikon Z6iiのRAWデータに対応するまでは、まだ受託撮影業務には使えないだろう。

(2020/12/8追記)2020年12月8日に更新されたAdobeの12月リリース版でNikon Z6ii、Z7iiのRAW現像にAdobeが正式対応した。Nikon Z6iiの発売から1ヶ月+2日間での対応だ。

関連記事

プロが教える、Nikon Z6iiのおすすめカスタマイズ設定
ダブルスロットのメリット、デメリットを徹底検証
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S レビュー
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S レビュー
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S レビュー

Nikon Z6ii レビュー、記事一覧

Nikon Z6ii レビュー TOP
Nikon Z6ii、7ヶ月使って分かったポジティブレビュー。ここが凄い、素晴らしい! (2021/6/12更新)
Nikon Z6ii がっかり。7ヶ月使って分かったネガティブレビュー (2021/6/12更新)
Nikon Z6ii、サルでも分かるファームウェアアップデート方法 (2023/7/12更新)
Nikon Z6iiのAF性能、長期使用レビュー (2021/7/1更新)
Nikon Z6iiの初期設定を行う
プロが教える、Nikon Z6iiのおすすめカスタマイズ設定
Nikon Z6iiでオールドレンズを楽しもう! ライカ Mマウントレンズを使う方法
Nikon Z6ii、Z7iiのRAWデータをAdobe製品でRAW現像する方法
Nikon z6ii vs Z7iiを比較、どちらがおすすめ?
EN-EL15a、EN-EL15b、EN-EL15cを比較、その違いは?
Nikon Z6iiとNikon D850(一眼レフ、高画素機)を比較レビュー
Nikon Z6iiとNikon D6(一眼レフ、フラグシップ機)を比較レビュー
Nikon Z6iiとNikon Z6(旧製品)を比較レビュー
Nikon MB-N11 Z6ii、Z7ii用パワーバッテリーパック 縦位置グリップ レビュー
ミラーレスカメラのメリット、デメリット

新着記事

2024/3/28 NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR レビュー
2024/3/13 ファームウェア Ver5.00、進化し続けるNikon Z9
2024/2/7 Nikon Z8 ファームウェア アップデート方法
2024/1/2 2023年、買って良かった写真機材TOP10
2023/8/20 Nikon Z8 リコール発生!それでもNikonを信じ続ける理由。
2023/7/12 Z6ii、Z7iiの最新ファームウェア Ver. 1.60が公開された。
2023/6/13 Nikon Z9、ファームウェア Ver4.00、どこまで進化し続けるのか【更新】
2023/6/2 実録!Nikon Z8での長時間撮影、バッテリーの持ちを徹底検証 [UPDATE]
2023/5/26 Nikon Z8、開封、開梱、UNBOXING レビュー
2023/5/24 Nikon Z8活用ガイド(PDF版)(操作マニュアル)が公開されました
2023/5/15 プロが教える、Nikon Z8のカスタマイズ設定方法
2023/5/14 Nikon Z8 vs Z9を徹底比較! [UPDATE]
2023/5/14 Nikon Z8 vs D850 スペック比較
2023/5/13 Nikon Z8、連続撮影枚数、バッファフル枚数
2023/5/13 Nikon Z8 YouTube動画まとめ [UPDATE]
2023/5/12 Nikon Z8 購入・予約完了報告
2023/5/11 Nikon Z8をいち早く体験!先行体験会の全てをレポート
2023/5/11 Nikon MB-N12 パワーバッテリーパック レビュー
2023/5/10 Nikon Z8外観写真(高解像度写真あり)
2023/5/10 ニコン、値上がり一覧表、値上額、値上率のまとめ(2023/5/10)
2023/5/10 Nikon Z8の最新リーク写真を検証
2023/5/9 Nikon Z8、韓国の電波機器認証機関に登録されたことを確認
2023/5/9 Nikon Z8 vs SONY α7R V スペック比較
2023/5/7 Nikon Z8 vs Z7ii スペック 比較
2023/5/7 NIKKOR Z 85mm f/1.2 S レビュー [UPDATE]
2023/5/5 Nikon Z8 vs Z6ii スペック 比較
2023/5/4 プロが教える、Nikon Z6iiのおすすめカスタマイズ設定 [UPDATE]
2023/5/3 Nikon Z8 vs Z9 スペック比較
2023/5/3 サブカメラの必要性:サブ機の活用法やメリット
2023/5/3 サブカメラの選び方
2023/5/3 Nikon Z8 発売が待ち遠しい!Nikon Z8レビュー
2023/4/23 Nikon MC-N10リモートグリップを3ヶ月使ってみた!レビュー
2023/4/23 Nikon MC-N10、SmallRigアタッチメント 開梱レビュー
2023/4/22 職業カメラマンが車を持つメリット、デメリット
2023/4/21 NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S レビュー
2023/4/21 NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 vs 70-200mm f/2.8を比較レビュー
2023/1/5 NIKKOR Z 85mm f/1.2 S 外観レビュー
2023/1/3 NIKKOR Z 24-120mm f/4 S、仕様・スペック 徹底レビュー
2022/12/31 2022年、買って良かった写真機材TOP10
2022/11/10 NIKONキャシュバックキャンペーン 2022秋冬がお得すぎる件
2022/11/2 Nikon Z9、即納在庫あり速報 【2022/12/31 即納在庫あり】
2022/10/26 Nikon Z9、ファームウェア Ver3.00、進化が止まらない【更新】
2022/9/2 Nikon Z9、バッテリーの持ち
2022/9/1 Amazonで購入予約したNikon Z9がキャンセルされてしまった件
2022/7/6 Nikon Z9 ファームウェア アップデート2.10でさらに進化した
2022/6/29 Nikon Z30 YouTube 動画
2022/6/29 Nikon Z30 レビュー
2022/6/29 Nikon Z30 外観 レビュー
2022/6/14 電子シャッターのメリット、デメリット
2022/6/11 NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S レビュー 【作例あり】
2022/6/9 運動会撮影に最適なレンズとは?NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRで最高の思い出を残そう
2022/6/8 NIKONキャシュバックキャンペーン 応募方法 完全マニュアル
2022/5/24 NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR レビュー
2022/5/8 RRS CA-1 ケーブルアンカー レビュー
2022/5/6 Nikon Z9用 おすすめ Lブラケット比較(SmallRig、Kirk、RRS)
2022/5/4 Nikon Z9 用 RRS Lブラケット (L型プレート) レビュー
2022/4/23 Nikon Z9、Ver.2.0のバグ?連続撮影すると一部コマにレンズ歪曲収差が残ったままになる
2022/4/22 NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S レビュー
2022/4/20 Nikon Z9、ファームウェア Ver2.00の進化が凄い
2022/4/14 【更新】Nikon Z9、YouTubeレビュー動画 まとめ
2022/1/28 NIKKOR Z 24-120mm f/4 S、開梱レビュー
2022/1/28 24-70mm vs 24-120mm vs 24-200mm を比較
2022/1/28 【更新】Nikon Z9の納期、出荷状況の最新情報
2022/1/26 NIKKOR Z 24-120mm f/4 S レビュー
2022/1/25 【更新】Nikon Z9 ポジティブレビュー。ここが凄い、素晴らしい!
2022/1/23 プロが教える、Nikon Z9のおすすめカスタマイズ設定
2022/1/19 Nikon Z9 がっかり、ここが残念、ネガティブレビュー
2022/1/4 Nikon Z9の製造番号、シリアル番号情報
2021/12/14 Nikon Z9 液晶保護フィルムレビュー
2021/11/14 Nikon Z9 ファーストインプレッション
2021/11/2 Nikon Z9、購入・予約報告
2021/10/28 Nikon Z9、高解像度外観写真
2021/10/28 Nikon Z9、スペック
2021/10/27 Nikon Z9 最新情報
2021/10/27 Nikon Z9 ティザー動画第四弾、ブラックアウトフリー、ファインダー遅延ほとんど無し
2021/10/20 Nikon Z9 ティザー動画第三弾、AF追従がすごい、車AF、バイクAF機能あり
2021/10/13 Nikon Z9 ティザー動画第二弾、動画撮影30分の壁を越えた
2021/10/5 Nikon Z9 ティザーサイト、キターーーーー!
2021/8/19 EN-EL18d Nikon Z9バッテリー レビュー
2021/8/13 Nikon Z9のコードネームはN2014
2021/7/30 Nikon Z9の背面写真、背面液晶モニターはチルト式
2021/7/17更新 Nikon Zfc YouTube動画【続々と動画が追加されています】
2021/7/13 Nikon Z9への要望
2021/7/4 Nikon Zfc vs FUJIFILM X-T4を比較レビュー
2021/7/1 Nikon Zfc vs Z50を比較レビュー
2021/6/29 NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、開梱レビュー
2021/6/29 Nikon Zfc レビュー [NEW]
2021/6/12 Nikon Z6ii、7ヶ月使って分かったポジティブレビュー。ここが凄い、素晴らしい! (更新)
2021/6/12 Nikon Z6ii がっかり。7ヶ月使って分かったネガティブレビュー (更新)
2021/6/5 NIKKOR Z MC 105mm vs NIKKOR Z MC 50mmを比較
2021/6/4 NIKKOR Z MC 105mm vs AF-S MICRO-NIKKOR 105mmを比較
2021/6/4 NIKKOR vs CANON 最新中望遠マイクロレンズ比較
2021/6/3 NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR SのYouTube動画一覧
2021/6/2 NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S レビュー
2021/6/2 NIKKOR Z MC 50mm f/2.8 レビュー
2021/5/24 カメラを落としただけなのに
2021/5/20 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S レビュー
2021/5/5 Nikon Z9、サイズ予想、サイズ比較
2021/5/5 Nikon Z6iiのAF性能、長期使用レビュー
2021/4/30 Nikon D6 vs Z6iiを比較
2021/4/28 Nikon Z8の噂
2021/4/26 Nikon Z6ii、サルでも分かるファームウェアアップデート方法
2021/4/19 Niokn D6、ファームウェアアップデートを行う方法
2021/4/13 Nikon Z9 vs Canon EOS R3を比較
2021/4/6 Nikon Z9を購入する理由とは
2021/3/28 Nikon D6、Err表示の対処方法とは?
2021/3/22 ダブルスロットのメリット、デメリットを徹底検証
2021/3/14 Nikon Z9 vs D6を比較、大きさ比較
2021/3/11 縦位置グリップのメリット、デメリット
2021/3/10 Nikon Z9、スペック 予想
2021/3/10 NIKON Z9 妄想レビュー
2021/1/24 NIKKOR Z 50mm f/1.2 s レビュー

カメラマン募集 全国

スクールフォト カメラマン募集